TCC

中部電力グループ 株式会社テクノ中部

企業情報

SDGsトップコミットメント

当社は、持続可能な開発目標(SDGs)に賛同し、事業活動を通じてSDGsの達成に貢献していきます。

SDGsに賛同します

 2015年9月の国連総会で「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

 アジェンダには、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成された2030年までの国際目標である「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」が掲げられています。SDGsは、政府や市民社会の他に、民間企業も達成に向けた役割が期待されており、あらゆるステークホルダーが連携することも求められ、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを表明しています。

 当社は、環境(Environment)に配慮した事業活動、社会・地域(Social)への貢献や労働環境の改善、収益を上げつつ社会から信頼を得る経営(Governance)などのESG要素を重視するとともに、社会の一員として、持続可能な世界の実現を目指すSDGsに賛同し、取り組みを進めていきます。

変わりゆく事業環境をチャンスへ変える

 中部電力グループの一員として、電力は重要な経済インフラであることを自覚し、安全かつ安定的なサービスを提供するとともに、当社の中核事業であるエネルギーと環境にかかわる技術や役務のサービス提供を通じて、SDGsの達成に貢献することを基本的な考えとします。

 国内の電力自由化をはじめ、世界のエネルギーをめぐる状況は、近年大きく変化しています。当社は、新しい事業領域に挑戦することで、従業員の働き甲斐や励みにも繋げ、社会課題の解決のほか、社会・地域と共生して、社会の発展に貢献する活動に取り組んでいきます。

従業員が個々の能力を最大限に発揮できる職場へ

 当社の最大の経営資源は人財であり、風通しの良い明るく元気な職場を作るとともに、従業員が誇りを持って働ける職場作りを進めます。

 当社は、安全な労働環境を大前提に、従業員の心身の健康維持・増進を目指した「健康経営」を推進し、全ての従業員に平等な機会を与えるとともに、人権が尊重されるようパワーハラスメントの防止に努めるなど、人格や個性、多様性を尊重する職場環境をめざしていきます。これにより、SDGsの達成に向けて個々の従業員が持てる能力を最大限に発揮していくことを期待します。

世界を変えるための17の目標

2019年6月1日
株式会社 テクノ中部
代表取締役社長 深澤 元喜

株式会社 テクノ中部 代表取締役社長 深澤 元喜

テクノ中部の事業を通じたSDGsの目標達成への貢献

SDGs

エネルギー事業 環境関連事業 測定分析事業 石炭灰販売