性状分析(油中ガス・潤滑油分析)

測定分析事業

油中ガス分析は、電力機器(コンデンサ、変圧器など)に使用されている絶縁油中のガス成分から機器の内部異常、劣化度合いを診断する方法で、定期的な油中ガス分析の実施は、機器故障トラブルの未然防止につながります。

変圧器劣化診断

油中ガス分析
変圧器の内部異常から局所的な加熱が起こると特有のガスが発生します。このガスを採取した絶縁油から分析することで内部異常の要因や度合いを推定し「異常なし」「要注意」「異常」のレベル判定を行います。
絶縁油の劣化は、電源の喪失などにつながります。
正常稼働している場合も1年に1回を目安に定期的な分析をおすすめします。
フルフラール分析
コイル絶縁紙のように現地で修理・交換のできない部品の劣化は変圧器の劣化と相関があります。変圧器の絶縁油中に溶出した絶縁紙の劣化生成物(油中ガスおよびフルフラール)を測定することにより、絶縁紙の強度を推定し、変圧器の劣化を診断します。

潤滑油性状分析

潤滑油性状分析は、機械装置中の潤滑油の性状や劣化の程度を把握すことを目的に行われます。性状分析を行うことで、潤滑油の適切な交換時期、交換すべき量を把握でき、設備の長寿命化や故障の低減に寄与します。

分析項目

水分 水分の混入や潤滑油の劣化度合を測定します。
全酸価 酸化による劣化度合を測定します。
動粘度 劣化による動粘度の変化を測定します。
色相 劣化による色の変化を測定します。
界面張力 界面張力の変化による劣化度合を測定します。
きょう雑物 塵埃の混入、錆や摩耗粉の混入による劣化度合を測定します。
酸化安定度 潤滑油の残存寿命を評価します。
この試験により酸化防止剤の残存率を推定します。

性状分析(油中ガス・潤滑油分析)
についてのお問い合わせ

CONTACT

ご相談・ご質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

PAGE TOP