TCC

中部電力グループ 株式会社テクノ中部

石炭灰販売

フライアッシュ

 フライアッシュは、顕微鏡で拡大すると、球状を呈しており、コンクリートなどに混ぜると流動性の向上、水和発熱の低減、長期強度の増加など種々の特があることからダム、橋梁、発電所等大型構造物に使用されています。

また、フライアッシュの成分組成面に着目し、粘土代替としてセメント原料として大量に使用されています。

 さらに近年では石炭灰の特性をいかし建材、骨材、道路材、地盤改良材など土木・建築材料等広く各分野で利用されています。

フライアッシュ

フライアッシュ

有効利用技術

コンクリート用フライアッシュの品質規定

JIS A6201コンクリート用フライアッシュ
JIS規格 Ⅱ種 化学成分 物理的性質
二酸化
けい素
含有量
湿分 強熱
減量
密度 粉末度 フロー値比 活性度指数
45μm
ふるい残分
比表面積 28日 91日
45.0%
以上
1.0%
以下
5.0%
以下
1.95g/cm3
以上
40%以下 2500cm2/g
以上
95%
以上
80%
以上
90%
以上

当社が供給する碧南産フライアッシュの品質規定

中部電力(株)碧南火力発電所はJIS A6201の品質規定より更に厳しくした独自の品質規定を定め、良質なフライアッシュを供給しています。

碧南産フライアッシュ品質規定(JISⅡ種品)
化学成分 物理的性質
二酸化
けい素
含有量
湿分 強熱
減量
密度 粉末度 フロー値比 活性度指数 MB
吸着量
かさ
密度
色調
45μm
ふるい残分
比表面積 28日 91日
45.0%
以上
0.5%
以下
3.5%
以下
1.95g/cm3
以上
40%
以下
3500±
450cm2/g
以上
95%以上 80%以上 90%以上 0.7mg/g以上 0.7g/cm3以上 3.5以下

化学的性質

 石炭灰の主成分はシリカ(Si02)とアルミナ(Al23)であり、この2つの無機質で全体の70~80%を占めています。その他の成分は酸化第二鉄(Fe23)、酸化カルシウム(CaO)、酸化マグネシウム(MgO)などです。

フライアッシュの化学組成 (wt%)
SiO2 Al2O3 Fe2O3 CaO MgO
40~75 15~35 2~20 1~10 1~3

特長

コンクリート混和材にフライアッシュを使用すると、次のような優位性特長が得られます。

長期強度の増進

 ポゾラン反応が長時間継続するため、セメントだけの場合よりも長期強度が増進し、耐久性に優れた構造物ができます。また、養生温度を少し高くした場合の強度は、著しく増進し、 より効果を発揮します。これらの反応によりセメント使用量の節減をはかることができます。

長期強度の増進

乾燥収縮の減少

 フライアッシュの代替率が増加する程セメント量の減少により、硬化後に収縮率が小さくなり、ひび割れ現象が起こりにくく堅牢な構造物となり、また建物の上塗り用としてもその効果を発揮します。

乾燥収縮の減少

アルカリシリカ反応の抑制

 フライアッシュ使用により、モルタルの膨張が1/20となり、アルカリシリカ反応がほぼ完全に抑制されることが共同研究において証明されました。これにより、わが国の有効な混和材としての役割を果たしています。

アルカリシリカ反応の抑制

水和熱の減少

 コンクリートの水和熱が減少します。温度上昇は代替率が増加するほど、減少するので、 マスコンクリート工事、特にダム工事に極めて有効です。

水和熱の減少

水密性の向上

 セメント中の遊離石炭とフライアッシュのシリカやアルミナと結合して、不溶性の固い物質を作り、コンクリートの組織を緻密にして、 その水密性を増し日時の経過とともに著しく効果を発揮するので、地中工事を始めあらゆる接水工事に有効です。

水密性の向上

化学抵抗性の向上

 ポゾラン反応の際に生成されるけい酸カルシウム水和物が組織を緻密にするとともに、反応によって遊離した不安定な水酸化カルシウムがフライアッシュの成分と結合するので、硫酸塩、海水、薬液等に対して顕著な効果を発揮します。

ワーカビリティーの向上および単位水量の減少

 フライアッシュは微細な球形をしているため、混和すると流動性が著しく改善されるので、コンクリートの打設が効率的に行われ、填隙性がよくなり、仕上り面が滑らかで美しくなります。 また、同一スランプを得るための所要水量は、フライアッシュの代替率に比例して減少します。

お電話でのお問い合わせ    

WEBでのお問い合わせはこちらから