TCC

中部電力グループ 株式会社テクノ中部

測定分析事業

アスベスト測定

今、石綿(アスベスト)による健康被害(悪性中皮腫、石綿肺がん、石綿肺)が大きな社会問題になっています。

「石綿障害予防則」では、解体等の作業において、石綿等による労働者の健康障害を防止するために、「あらかじめ、石綿の使用の有無(0.1重量%未満で無)が明らかにならなかったときは、石綿等の使用の有無を分析により調査し、その結果を記録しなければならない」とされています。

当社では、解体・除去工事に伴う作業環境中の石綿(気中石綿(アスベスト))について、目的に応じた適切なサンプリング及び分析方法で対応いたします。また厚生労働省が定めた測定法に準じ、建材等の製品および原料中の石綿(アスベスト)の定性及び定量分析も行っています。

大気中のアスベスト濃度の測定

建材中のアスベスト事前調査

お電話でのお問い合わせ     

WEBでのお問い合わせはこちらから