TC WORD

キーワードで知るテクノ中部

屋上でテクノ米

TC WORD 01

屋上でテクノ米

テクノ中部本店の屋上には、かつての里山を再現したようなどこか懐かしい風景が広がっています。1998年に屋上に竣工したビオトープには、メダカやカエル、昆虫などの生物や、150種類ものさまざまな植物が生育し、環境学習で子どもやご年配の方たちも訪れます。その一角には小さな水田があり、社員が田植えを行うのが毎年の恒例行事。ここ数年はもち米を栽培しています。鏡開きのときには、秋に収穫したもち米を使ってお餅をつき、お汁粉にして振舞われました。

100%

TC WORD 02

100%

結婚・妊娠・出産を経て復職し、働き続ける女性社員の割合は、なんと100%!育児休職取得率は、働きやすさの指標だと言われています。充実した福利厚生が自慢のテクノ中部。ワーク・ライフ・バランス抜群の環境は、長く働き続けたいと願う女性にとって居心地満点!なのです。

(※)2016年度末データによる。

いきものがかりと仲間たち

TC WORD 03

いきものがかりと仲間たち

環境技術センターの陸域調査グループと水域調査グループには、魚類、鳥類、昆虫類、植物などの専門家たちが大集結!生きものや植物のためなら、たとえ火の中、水の中。人里離れた山の中での数日間にわたる調査、そんなミッションも平気でこなす専門家を中心に、チーム一丸となって環境保全に努めています。

時短が長い

TC WORD 04

時短が長い

働くママたちをサポートする育児のための勤務時間短縮措置制度、通称「時短」。企業に勤めていれば誰でも、子どもが3歳になるまで、1日原則6時間の時短制度を利用することができます。テクノ中部では、法律で定められた期間よりも3年以上長く、小学1年生の年度末まで時短制度を利用可能。仕事と育児を両立しやすい環境が整っています。

発電所萌え

TC WORD 05

発電所萌え

火力事業本部では、「働く職場から見た発電所の写真」をテーマにユニークな写真コンテストを開催しています。カメラに収められたその姿には、ライフラインを支える仕事への誇りが映りこんでいます。

昼休みには卓球行列

TC WORD 06

昼休みには卓球行列

本店にある多目的室は、昼休みになると行列ができるって知っていますか?これ、実は卓球台の空き待ちの列。
そこには温泉卓球ならぬテクノ卓球愛好家が、かなりの本気モードで白球を追いかける姿があります。
多目的室や社内のカフェはみんなの憩いの場。オンオフの切替えが上手なテクノ中部社員は、わずかな時間にリフレッシュして、仕事へのモチベーションを常にキープしています。

独身テクノ族しか知らない「寮生活あるある」

TC WORD 07

独身テクノ族しか知らない「寮生活あるある」

碧南火力発電所から車で10分ほどの距離にある大浜寮と、知多市の閑静な住宅街に位置する知多寮。2つの独身寮はどちらも一人部屋で2食付き、共同の大浴場や本格的なトレーニング設備もあります。気心の知れた仲間と一緒に寮生活を送る、独身テクノ族の本音を少しだけご紹介!
◎栄養バランスに優れた食事が1日500~600円で食べられる。独身者には、とてもうれしい!
◎大きなお風呂はやっぱり気持ちイイ!文字どおり、裸のつき合いで絆も深まる。
◎「寮生活あるある」といえば必ず出てくる、洗濯機の順番待ち。テクノの寮は洗濯機も乾燥機も台数が多いから、順番待ちがほとんどない。
◎知多寮の第2食堂は、徒歩1分の距離にあるファミリーマート。
◎大浜寮の近くにある神社の秋祭りでは、餅投げイベントを開催。大型テレビなど豪華商品をGETするチャンスに、毎年テクノ族が大奮闘する。

気軽に健康相談

TC WORD 08

気軽に健康相談

テクノ中部では、2名の専任健康相談員が、明るく楽しく元気よく働くためのサポートを行っています。各事業所をまわって健康診断の結果をフォローしたり、健康的な生活を送るための情報を発信したり、身近なアドバイザーとして活躍しています。

数字は嘘をつかない

TC WORD 09

数字は嘘をつかない

直近3年間に離職した新入社員は1人、有給休暇取得日数は16.1日。年間休日数は123日あり、女性社員の平均勤続年数は18.3年(※)です。これらの数字が物語るのは、働きやすさを重視した職場環境。公私ともに充実した生活を送れる理由は、人を大切にする社風にあります。

(※)2016年度末データによる。

大人だってご褒美がほしい

TC WORD 10

大人だってご褒美がほしい

テクノ中部は人の技術で成り立つ会社。技術力を高めるために、資格取得を積極的に応援しています。試験費用の補助はもちろん、資格取得時には合格祝金が支給されます。
また、全社的な取り組みとして、今より少しでもよくならないかと考え、常により良い方法へ変える挑戦をする「改善提案制度」を設けています。火力事業本部ではその進化形として、付加価値をつけた業務に対して評価する「Good Job制度」もあります。どちらも、仕事への意識を高めるとともに業務の効率化が図れるユニークな制度。優れた提案や実績は表彰され、受賞に応じた賞金が表彰者に支給されます。仕事への熱意や努力に対する評価を「見える化」することで、自己成長意欲を高めています。

TC WORD 11

フライとクランカ

「フライアッシュ」と「クリンカアッシュ」は、石炭を燃焼させた際に発生する石炭灰を利用した自社販売製品。石炭火力発電による廃棄物を有効利用した製品で、建材、骨材、道路材、土壌改良材などとして、建築や土木の分野で幅広く利用されています。

TC WORD 12

大人のクラブ活動

クラブ活動には、野球部、サッカー部、テニス部、山岳会があります。野球部とサッカー部、テニス部は年に一度、中部電力グループ会社対抗の大会に参加し、大会での好成績をめざして、日々練習に励んでいます。山岳会は半年に一度の低山登山を中心に、楽しみながら活動しています。